インフルエンザによる死者が1万4千人を超えたアメリカ

米疾病対策センター(CDC)によると、2019年~2020年の期間でインフルエンザによる死者数が1万4千人を超えました。 中国を中心に新型コロナウィルスの感染拡大が深刻化していますが、アメリカではインフルエンザの感染拡大が懸念されています。 CDCの最新のデータによると、これまでの感染者数は少なくとも2600万人を超えるとしています。感染拡大のスピードは新型コロナウィルスを上回っているため、今後も流行が続く可能性が高いと思われます。

インフルエンザ患者の累計は2600万人を超える

アメリカにおけるインフルエンザ患者の累計は、現在2600万人を超えています。アメリカの総人口が多いということもありますが、ここまで爆発的に増えていると感染拡大の脅威を感じない訳にはいきません。 ここまで感染が拡大している背景として、インフルエンザの予防接種を受けていない人がアメリカに多くいることがあげられます。 アメリカには国民皆保険制度は存在しないので、予防接種を受けるのにもそれなりの費用がかかります。そのため予防接種を受けない人も出てくると考えられます。

近年では稀に見る規模

アメリカのインフルエンザ流行は近年では希な規模です。2600万人以上の感染は異常な事態いってもよいでしょう。これまでを含めてアメリカのインフルエンザ流行の状況はどのようなものでしょうか?