武漢で入院中の60代男性

新型コロナウィルスに感染していたと思われる日本人男性が武漢の入院先の病院で死亡しました。この男性は60代で中国国籍の妻と武漢に在住していて1月に入院しました。 北京の日本大使館では男性が入院して以後、中国政府や医療機関に対して男性が最適な医療を受けられるよう要請しており、中国政府も専門の医師を派遣して治療に当たっていたとされています。

日本人の死亡者は初

新型コロナウイルスも関係で日本人の死亡が確認されたのは初めてのことです。 中国外務省は哀悼の意を表すとともに、今後も男性の家族に協力していくとしています。 また安倍総理からもご冥福をお祈り申し上げるとしたうえで、現地の大使館を通じて男性の家族への支援を行っていきたいとの考えを伝えたとされています。

感染の疑いが強かった男性

この男性は新型コロナウィルスによる感染の疑いが強く、1回目の検査では陽性反応が出たようですが、その後の検査ができないまま死亡したとされています。 日本大使館は中国の政府と医療機関に最適な医療を要請し、中国政府も専門の医師を派遣して治療したとしているようですが、果たして適切な治療が行われたのでしょうか。