「awesome」の読みと2つの意味

(画像:Unsplash

英語を話す外国人との会話で、良く耳にする言葉が 「awesome」です。「awesome」が使われるシーンから、ポジティブな意味を持つ言葉であることは想像できても、具体的にどんな意味を持っているのかはわからないという方は多いようです。 「awesome」には主に2つの意味があります。読み方と併せて確認しておきましょう。

「awesome」の読みは「オゥサム」

「awesome」は「オゥサム」または「オーサム」と読みます。発音記号では「ˈɔːsəm」ですので、口をすぼめず、大きく開けたまま発音すると上手く言えます。 「アゥサム」と間違って発音しないよう、注意が必要です。

「awesome」の意味は「恐れ多い」

「awesome」の一つ目の意味は「恐れ多い」です。 相手に対して大きな敬意を持っていることや、畏敬・畏怖の念を表します。 この「恐れ多い」という意味での「awesome」は特に位が高い方について使われ、神様や王様、日本で言えば天皇陛下などの言動について賞賛する意味となります。 他にも、人間ではどうすることもできない、自然の驚異などについても「awesome」を使って、その偉大さを表すことができます。

「awesome」の意味は「すごい」

「awesome」の二つ目の意味は「すごい」「すばらしい」です。この場合の「awesome」は日常で使われる「すごい」という意味の「やばい」などに近いニュアンスを持っています。親しい間柄で使われることが多く、何かにいたく感激した様子を表します。 しかし「awesome」は日本語の「やばい」のように、若者だけを中心としている言葉ではありません。英語圏では、年齢や性別を問わず気軽に使われています。