安寧とは

(画像:Unsplash

「安寧」という言葉を見てすんなり読める人も、正しい意味を説明できる人も少ないのではないでしょうか。日常的に使う言葉ではないものの、テレビや新聞で登場する機会が多いので覚えておくと便利です。 ここでは「安寧」の読み方や意味について説明します。

安寧の読み方は「あんねい」

「安寧」は「あんねい」と読みます。 安寧の語源は中国とされており『史記』という歴史書の中に「天下無異意則安寧之術也」という言葉が綴られていました。 日本では記紀に記されている通り、第三代にあたる「安寧天皇」の名前で使われています。また715年につくられたとされる続日本紀の中にも「頼二祖宗之遺慶一、海内晏静、区夏安寧」と記されていました。

安寧の意味は「世の中が平和なこと」

「安寧」に使われている「安」「寧」共に、「落ち着いている」ことを意味しています。その2つの漢字を重ねた「安寧」は、世の中が安定し平穏無事であること」を指します。 ここでのポイントは、「安寧」は個人の状態ではなく社会全体を対象に使われる言葉であることです。そのため「単に安らかである」というより、「平和で静かな状態が続く」ことを意味します。

安寧の英語表現は「public peace」

(画像:Unsplash

「安寧」は英語で「public peace」と表します。「public」が公けであること、「 peace」が心の状態を表現しています。 ・Imperial court rituals are performed for the purpose of good harvests and national public peace. (五穀豊穣や国家国民の安寧を祈ります。) 「public peace」は「安寧」だけでなく「公安」や「治安」という意味で使われることも多いです。