「嘆息」(たんそく)の要点

  • 意味:「嘆いてため息をつくこと」
  • 例文:「急激な売上の悪化に思わず嘆息を漏らしていた。」
  • 類語:「ため息」「吐息」
  • 英語:「a sigh」

嘆息の読み方は「たんそく」

嘆息の読み方

嘆息の読み方(画像:Unsplash

「嘆息」は「たんそく」と読む言葉ですが、日常的に頻繁に使う言葉ではないので、読み方や意味が分からない方も多いと思います。しかし後述するように意味は簡単ですぐに使えるようになれるので、ぜひこの記事を通して意味や使い方を覚えてください。 また、「喘息(ぜんそく)」という言葉と誤用されることが多いですが、「喘息」は急な発作で呼吸困難になってしまう病気のことなので全く意味が異なります。

嘆息の意味は「嘆いてため息をつくこと」

(画像:Unsplash

「嘆息」の意味は「嘆いて(なげいて)ため息をつくこと」です。この漢字は「嘆」と「息」の2つの漢字に分けられますが、「嘆」の「悲しみを感じる」「悲しみを感じて泣く」という意味を考えれば、「嘆息」の意味も分かります。 一般的には上記の意味で使われますが、時々「感嘆(=感心)してため息をつく」というポジティブな意味で使われることもあるので、どちらの意味で使われているかは文脈判断が必要です。

嘆息の使い方・例文

嘆息の使い方・例文

嘆息の使い方・例文(画像:Unsplash

「嘆息」には「嘆いてため息をつく」「感心してため息をつく」という2つの意味がありました。 この見出しでは、先に紹介した「嘆息」の意味を踏まえて実際の使い方を紹介します。例文も交えて紹介していきますので、意味が通るかを確認しながら読み進めてみてください。