JR福知山線脱線事故とは

(画像:Unsplash

戦後最悪といわれる列車事故が発生したのは2005年4月25日の兵庫県尼崎市です。 福知山線塚口駅と尼崎駅の間に位置する「エフュージョン尼崎」というマンションに隣接する右カーブが事故現場となりました。 7両編成だった快速列車が同日9時18分、スピードの出し過ぎにより脱線をしました。1・2両目が線路から飛び出し、マンションに激突します。折れ曲がった車両が駐車場まで入り込むほどのスピードがあったことと衝撃が加わったことがわかります。 3・4両目も脱線し、マンション外壁から駐車場まで飛び出していた1・2両目を押しつぶす形で大破し多くの乗客が犠牲となりました。

多くの犠牲者を出した

マンションの壁面に激突した列車は折れ曲がり、車体の一部が押しつぶされ大破しました。 この事故での死者107名の大半は、1・2両目の乗客でした。列車が押しつぶされたことで圧迫死してしまった人が多くいます。また生存者の多くが頸椎損傷や骨盤骨折、クラッシュ症候群などのケガを負っています。マンション居住者や近隣住民に被害が及ぶ可能性も、事故現場には十分にありました。 しかし負傷者は戦後最大級の562名に上ったものの、犠牲は乗客に限られたことは不幸中の幸いだったといえるでしょう。

JR福知山線脱線事故の原因

(画像:Unsplash

JR福知山線脱線事故の原因は副次的なものを含めると様々な原因が重なって起きた事故と言えます。 ここではその中でも特に重視されている原因である「スピードが出ていた電車を静止することが本来できるはずのシステムであるATSが作動しなかったこと」について深掘りしていきます。 また事実か定かではありませんが、一部では白い車と列車が接触したことが原因とも言われました。

通説では速度超過・ATSの不具合

航空・鉄道事故調査委員会が発表した事故原因は、右カーブに進入する際時速116kmで侵入し曲がり切れずに脱線したことです。運転手が快速列車のブレーキ操作を遅らせるという、ヒューマンエラーが原因でした。 また調査の過程で事故現場に設置されていた、制限速度を超過して走行中の列車を非常停止させるATS(自動列車停止装置)が最も古いタイプだったこともわかっています。そのため、超過した速度で通過した列車を自動的に停止もしくは減速させられないという不具合があったという事実も明らかになりました。