「泡を食う」の意味は「とても驚く」

(画像:Unsplash

「泡を食う」とは「とても驚き慌てる」ということ。驚いて、慌てふためく様子を表す慣用句です。 単に「驚いた」というだけでは、「泡を食う」は使えないということも、ご注意ください。早速、その語源や正しい意味、使い方をご紹介します。

「泡を食う」の語源や由来

(画像:Unsplash

まず「泡」ですが、これは「慌てる」の「慌」に「泡」という漢字を当てたものです。 そして「食う」ですが、この「食う」という言葉は、非常にさまざまな意味で使われます。「割を食う」「年を食う」とか「9回裏に大逆転ホームランを食らった」など、ある状態にされることや、すること、ほかの動詞の代わりとか、使われ方は実にさまざまです。 そして、この場合の「食う」は、「ホームランを食らう」と同様に、「会う」「受ける」といった意味として使われています。 つまり「泡を食う」とは、「慌てるような事柄」に「会う」ということ。「慌てるような目にあわされた」という意味であることが理解できます。

「泡を食う」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「泡を食う」とは、突然ある状況に出くわして、たいへん驚き、慌てる様を意味します。「突然」「出くわす」「驚き」「慌てる」。これらの要素を含んだ状況で使うことを意識すべきです。 ここでは使い方と例文をさらに詳しくご紹介します。

「泡を食う」の使い方

さて、「とても驚く」という意味の「泡を食う」ですが、道を歩いているときに、突然、後ろから知人に声をかけられてビックリした、というだけの状況では「泡を食う」とは言えません。 ドキッとするだけでは「泡を食う」には、足りないのです。やはり、そのあとに「慌てる」という状況が必要になります。 「泡を食う」は、この「慌てる」という状況を説明することが重要になるため、単に「泡を食った」で文章が終わる形では、あまり使われません。 ・泥棒が警官に出くわして「泡を食った」。 泥棒がたいへん驚いたことはわかりますが、これだけでは「泡を食った」と言うには物足りません。 ・泥棒が警官に出くわして、「泡を食って」逃げ出した。 このように、「泡を食って」=「たいへん驚いて」に続いて、慌てふためいてどうしたか、という言葉を繋げることが大切です。このような使い方により、いっそう「泡を食って」というニュアンスが生き生きと伝わります。