1分でわかる埼玉愛犬家連続殺人事件

埼玉愛犬家連続殺人事件

  • ペットショップの夫妻が顧客の愛犬家を殺害し死体を遺棄した事件
  • 夫妻の異常な行動や言動が世間を騒がした
  • 殺人に対する異常なルールを持っていた

「埼玉愛犬家連続殺人事件」は埼玉にあるペットショップを経営していた夫婦が身勝手な理由により4人の愛犬家たちを次々と殺害し、近くの山や川に死体を遺棄した事件です。 事件を起こした犯人の異常な行動や考え方、言葉などが日本中を震撼させ、物議をかもしました。 また事件の犯人はすでに逮捕され判決も下されているというのに、いまだに未解決のままの事件や修行僧に関わる後日談などいくつかの謎が残されたままになっています。

埼玉愛犬家連続殺人事件の概要

事件の舞台となったのは一軒のペットショップです。「アフリカケンネル」という名のその店は経営者夫妻の多額の借金のため経営に行き詰っていました。 借金返済のこともあり詐欺まがいの行為を繰り返しては顧客から大金をだまし取っていた夫婦はやがてトラブルになった顧客ら4人を次々と殺害していきました。事件の原因や概要を順を追って見ていきましょう。

関根元の経営するアフリカケンネルは経営が傾いていた

関根の経営する「アフリカケンネル」はバブル崩壊のあおりと犬舎兼自宅建設費のための借金で経営が行き詰っていました。 経理などの事務面を担当していたのは妻であり、関根自身は人を引き付ける巧みな話術と業界での知名度で営業を担当していました。二人は役割をうまく分担し、得意分野を生かし互いに補い合って経営をしていました。 関根には虚言癖もありテレビや雑誌にも虚言を用いて上手く店の宣伝をしていましたが、結局店は傾いていきました。

不当に高値をふっかけるなどの詐欺まがいの取引を行なっていた

関根は生まれた子犬は高額で引き取るといい犬のつがいを不当な高値で売りつけていました。しかしながら子犬が産まれたら難癖をつけて安く値切るなどしていたため彼らの行為は詐欺まがいの取引でした。 故郷で営んでいた店でも盗んだ犬を売りつけたり犬を殺して新たに売りつけたりと悪質極まりない商売をしていました。 結局事件の舞台となった埼玉の店でも似たような詐欺まがいの商売を繰り返し、評判は悪くトラブルも多かったようです。