おせんころがし事件の概要

おせんころがし事件は日本の代表的な凶悪殺人事件として語り継がれています。何の罪もない母子三人が殺害されました。母親は強姦された後殺害されています。三人とも崖から投げ落とされています。

1952年に千葉県にある断崖「おせんころがし」で起きた母子3人殺人事件

おせんころがし事件は戦後の雰囲気が残る1952年10月現在の千葉県鴨川市にある「おせんころがし」という断崖で起こった母子3人殺害事件です。「おせんころがし」という珍しい事件の呼び名はこの断崖の名前からとられています。 犯人はここで母子3人を殺害しました。その犯行は残虐で、動機も母親であった女性と性交したいという非常に身勝手なものでした。

子供を崖から突き落とし、その母親を強姦

犯人は当時の国鉄興津駅の待合室にいた親子連れに近づき、巧みな言葉で駅から連れ出しました。犯人はおせんころがしという断崖近くで母親に襲いかかり強姦後殺害しました。連れの長女と長男は邪魔になるという理由で、母親強姦の前に石で殴った後崖から突き落としました。 母親も殺害後崖から突き落とされています。母親がおぶっていた次女は犯人に引き剥がされ、地面にたたきつけられた後崖から突き落とされました。犯人は崖の途中で引っかかっていた被害者に近づき、石で打ち付けるなどしてトドメをさしています。