切磋琢磨の読み方は(せっさたくま)

切磋琢磨の読み方

切磋琢磨の読み方(画像:Unsplash

「切磋琢磨」は「せっさたくま」と読みます。 日常会話でも耳にすることが多く使用頻度も比較的多い言葉なので、音として覚えている人も多いと思います。「磋」「琢」はなかなか使うことはありませんが、書き方も簡単なので読み方も一緒に覚えておきましょう。

切磋琢磨の意味①「人と励ましたい競いあって向上すること」

切磋琢磨の意味

切磋琢磨の意味(画像:Unsplash

「切磋琢磨」には2つ意味がありますが、まずは「人と励ましたり競いあって向上すること」という、一般的に広く使われている意味を紹介します。 「切磋」は「努力を積み重ねること」、「琢磨」は「玉などをといで磨くこと」という意味です。2つの意味を合わせて「努力を積み重ねて技術を磨く」という意味になりますが、「切磋琢磨」という場合は「励まし合う」「競い合う」という意味が加わります。

使い方①切磋琢磨する

ここからは1つ目の意味で「切磋琢磨」を使う場合の例文を紹介します。1つ目の例文では「切磋琢磨する」という表現を紹介します。 ・学年問わず全員で切磋琢磨することで、全国大会に出場できた。 「切磋琢磨」には「仲間と励まし合う」というニュアンスが含まれているので、「切磋琢磨し合う」と言うと二重表現になってしまうので使う時は注意しましょう。例文でも競い合って協力してきた様子が表現されています。

使い方②仕事・ビジネスシーン

2つ目の例文ではビジネスシーンでの「切磋琢磨」の使い方を紹介します。 ・毎週営業部のメンバーで、新規契約数の確認と改善点の共有をするなど切磋琢磨してきた。 「切磋琢磨」は「励まし合ったり競い合って向上する」という意味でした。例文も毎週契約数を競い合いながらも、それぞれのメンバーの営業方法の改善点を出し合うなどして、協力してきたことが表現されています。