なぜ学習院大学だったのか?

学業優秀な愛子さまであれば他大学への受験も視野に入れておられたことと思われます。最終的になぜ学習院大学への内部進学を決められたのか、それには学習院と皇室の関係や警備体制に理由がありました。

学習院と皇室の密接な関係

皇族が伝統的に学習院に通う理由の一つにこれまでの歴史がありました。 学習院の起源は1847年の幕末に公家の教育機関として京都御所付近に設立された学習所です。明治に入り天皇が東京へ移るとともに1877年には学習院の前身となる華族学校が東京に開設されました。 その後1884年には宮内省所轄となり翌年に華族女学校が開設され、現在の学習院女子中等科・女子高等科へと変化していきます。このように学習院は皇室と密接な関係にあります。

警備体制の充実

学習院の歴史から分かるように学習院の役員や関係者には元皇族や旧華族出身で皇室との繋がりが深い方が多くおられるため警備体制も充実しています。 皇族を受け入れる体制が整っている学校であるということは皇室側の負担を大きく減らすこととなり、大きなメリットとなりえるでしょう。 現に愛子さまが初等科に入学された際には教室のドアに鍵が新設され、天皇のご息女となられてからは警備の人員を増やしている様子です。

愛子さまの成績の良さが話題に

たびたび愛子さまの成績の良さは話題にのぼっています。なかでも中等科時代に書かれた作文はよく取り上げられました。ここでは愛子さまの偏差値や学業、東大受験について詳しくみていきます。