出自とは

「出自」は漢字からもイメージしやすい言葉です。フランクな日常会話ではあまり使いませんが、少しあらたまった席や会話では一般的に使われます。 まずは読み方と意味をおさらいし、文化人類学において「出自」という言葉がどのように取り扱われているかも見ておきましょう。

出自の読み方は「しゅつじ」

文学作品などで読み方がハッキリしないまま読み飛ばしてしまう言葉が幾つかありますが、「出自」もそのような言葉の一つです。 「出自」は「しゅつじ」と読みます。「出」も「自」も音読みで読みます。「でじ」と読まないように気を付けましょう。 「出身」の「出」は小さな「っ」となってつまった読み方をしますが、「出自」の「出」は大きな「つ」でつまった読み方はしません。

出自の意味は「物事の出どころ」

「出自」の意味は漢字で容易に想像がつきますが、「生まれ・出所(でどころ)」です。 基本的には人に対して使いますが、人以外の物などに対しても使うことがあります。 「出」が「出る」を意味し「自」は「自分」を意味しますから、二つの字が合わさって「自分という存在が世の中に出る」ということで、「生まれ・出所(でどころ)」の意味になります。

文化人類学としての出自

「出自」は文化人類学の研究テーマの一つで専門用語としても使われます。 血縁関係にもとづく系譜は文化人類学の大きな研究領域の一つですが、「出自」は文化人類学において「ある特定の個人における血縁関係にもとづく系譜的なつながりの中での関係」と位置づけられています。 男のみの系譜をたどった場合は父(男)系出自といい、女のみの系譜をたどった場合は母(女)系出自といいます。そしてそのような出自で構成される集団を、それぞれ父系出自集団、母系出自集団と呼びます。