周知とは

仕事では管理者によって様々な意思決定がされ、必要に応じて社員に対してその情報が伝えられます。また国や地方公共団体による決定も住民への情報伝達が行われます。 そうした時に使われる「周知」という言葉について、まずはこの見出しの中で基本的な意味や読み方を確認してきましょう。

周知の読み方は「しゅうち」

「周知」の読み方は「しゅうち」です。 「周」は音読みでは「シュウ」、訓読みでは「まわる」「めぐる」と読みます。「知」は音読みでは「チ」、訓読みでは「しる」と読みます。 つまり「周知」はそれぞれの漢字の音読みを合わせて読む単語になっています。どちらの漢字も難しい漢字ではなく、簡単に理解できる読み方なので読み間違いがないようにしましょう。

周知の意味は「広く大衆に知られること」

「周知」は「広く大衆に知られること」という意味の漢字です。 「周」には「十分に行きとどく」「すみずみまで行き渡る」という意味があります。つまり「まわりにいる人全員に十分に知られる」というイメージができれば、この漢字の意味が理解できると思います。 また「広く大衆に知られること」は受動的な意味ですが、「周知する」といった場合は「周りの人に知らせる」という能動的な意味になります。

周知の類語・英語

「周知」は「広く大衆に知られること」「周りの人に知らせる」という意味の漢字でした。 この見出しでは「周知」と意味が似ている漢字と「周知」の英語表現について説明します。類語には「伝達」がありますが「周知」と「伝達」では意味合いが変わりますので使い分けができるようにしておきましょう。