あなたの職場環境は大丈夫?

そもそも職場環境が良いというのは「意見が言いやすいなど社員同士の仲が良い」「個性・個人が尊重されている」「長時間労働や休日出勤などがない」というような特徴が挙げられます。 つまり職場での「ストレスになる要因が少ない環境」は良い職場環境です。 反対に「業務量と賃金が割に合わない」「社員一人ひとりを見てくれない」というようなストレスの要因になりそうな特徴が見られる職場は悪い環境と言えます。 自分が置かれている職場環境を思い返しながら読んでみてください。

職場環境が良い職場の特徴

はじめに環境が良い職場の特徴を紹介します。 職場環境の良し悪しを決めるポイントはさまざまな特徴があり、全ての人にとって同じではなく感じ方も人それぞれです。しかし人間がある環境の中で生活する上で必要性を感じる特徴には共通するものがあります。 今回はその代表的な3つの特徴に注目して解説します。

特徴①会社の雰囲気が良い

1つめは良い職場の特徴として一番多く挙げられる「会社の雰囲気の良さ」です。 具体的には先輩後輩に関係なく人間関係が良いこと、つまり「働く人々が作る雰囲気の良さ」を指します。 同様に会社自体がポジティブで明確な目標・意識を持っていること、つまり「組織が作る雰囲気の良さ」も会社の雰囲気の良さを作ります。 こうした人や組織の意識・考え方が作る「雰囲気」は規則などでは作り出せない重要な職場環境の1つです。

特徴②公平・公正な規則があり、それが守られている

2つめは「平等性」と「人権を守る姿勢」です。 例えば長時間労働や過酷な業務内容がないことや、評価・給与の公平性、人材育成制度が整っていることなどは働く人にとって重要な要素です。 そして何よりこれらの要素を会社が正しく管理し実用化されるようにしていることでしょう。 公平な要素が正しく守られている職場は社員自身が「自分は会社に大事にされている」と感じやすく、高いモチベーションを保ちやすくなります。