「顰蹙」(ひんしゅく)の要点

  • 意味:「顔をしかめて嫌がること」
  • 由来:「眉間にしわを寄せる表情」
  • 例文:「オフィスでキーボードを強く打っていたら、知らぬ間に顰蹙を買っていた。」
  • 類語:「難色」「眉をひそめる」
  • 英語:「be frowned on〜」

顰蹙(ひんしゅく)の意味は「顔をしかめて嫌がること」

顰蹙

顰蹙(画像:Unsplash

「顰蹙」は「ひんしゅく」と読む熟語で、「顔をしかめて嫌がること」という意味の熟語です。 それぞれの漢字の読み方は「顰」は音読みでは「ヒン」「ビン」、訓読みでは「ひそめる」「しかめる」と読み、「蹙」は音読みでは「シュク」「セキ」、訓読みでは「きわまる」「しかめる」「つつしむ」と読みます。 つまり、「顰蹙」は両方の漢字の音読みを並べた読み方をしていることになります。どちらの漢字も使用頻度が非常に少ない漢字なので、読み方をしっかりと覚えておく必要があります。

顰蹙の由来は「眉間にしわを寄せる表情」

顰蹙の由来

顰蹙の由来(画像:Unsplash

「顰蹙」の意味の由来は「眉間にしわを寄せる表情」です。 読み方に関する説明でも紹介しましたが、「顰」「蹙」それぞれの漢字は「ひそめる」と読むことが出来ます。「眉をひそめる」という表現があるように「ひそめる」とは「眉間にしわを寄せる」行為のことを言います。 つまり、「眉間にしわを寄せる」という意味を持つ2つの漢字を並べることで、「眉間にしわを寄せてしまうような嫌な出来事にたいして嫌悪感を示すこと」という意味になり、そこから意味が簡素化して「嫌がる」という意味で使われるようになっています。

顰蹙の誤った読み方は「ズワイガニ」

顰蹙の誤った読み方

顰蹙の誤った読み方(画像:Unsplash

「顰蹙」はよく「ズワイガニ」と間違って読まれてしまうことがありますが、「ズワイガニ」は漢字で「楚蟹」と書きます。 どちらの熟語も、「冠(漢字の上の方)」と「脚(漢字の下の方)」という成り立ちの漢字を並べているので、読み方を間違えやすい熟語になっています。 「顰蹙(ひんしゅく)」と「楚蟹(ズワイガニ)」の見分け方のポイントとしては、「顰蹙(ひんしゅく)」の「顰」の冠に「頻繁」という熟語の「頻」が使われていることです。これが分かれば読み間違えも少なくなります。