憐憫(れんびん)の意味は「憐れむこと」

(画像:Unsplash

「憐憫(れんびん)」という熟語は自ら書く機会は少なくても、よく見聞きしているはずです。「憐れむ」や「悲しむ」「惜しむ」を指す「憐」と、「可哀相に思う」「気の毒に思う」を意味する「憫」が使われています。 そのため「憐憫」は「哀れに思う」と「情けをかける」という、2つの意味を持ちます。

憐憫の類語は「同情・不憫」

(画像:Unsplash

「憐憫」にはいくつかの類語があります。「同情」や「不憫」以外にも、「惻隠(そくいん)」「可哀相」「憐情(れんじょう)」などがあげられます。しかし意味を紐解いていくと、類語によって用いるべき対象やシーンが異なることがわかります。 ここでは「憐憫」の類語でも使用頻度の高い「同情」と「不憫」を取り上げ、例文を紹介しながら対比して説明します。その違いを理解して、適切に使えるよう覚えておいてください。

「憐憫」と「同情」の違い

「目上の人が自分より目下の人が陥った不幸な状況や哀しい気持ちに対し感じるあわれみの気持ち」を、「憐憫」といいます。一方の「同情」には、「他人の不幸やその悲しみを自分のことのように感じる」という意味があります。 この2つが決定的に違うのは、相手に対して寄り添う立場です。「憐憫」は立場が上の人が下の人に対して持つ感情ですが、「同情」は同等あるいは目下の人が目上の方に対しても感じます。さらに「憐憫」は自分の気持ちを表す時ではありません。自分が他者を見て気持ちが動かされた時に対使われる言葉でもあると、覚えておきましょう。

「憐憫」と「不憫」の違い

「憐憫」とほぼ同義な使われる類語は「不憫」です。「あわれむ」「情けをかける」こと意味する「憐憫」と比較すると、「不憫」は「可哀相に思う」「気の毒に思う」ことなので、ニュアンスは微妙に異なることがわかります。 「憐憫」は他者が直面している苦境やそれによる悲哀について、「感じる気持ち」を表しています。しかし「不憫」はどちらかというと、「そう感じる状態」を指す時に使います。「憐憫の情」はあるのに「不憫の情」という表現がない理由は、その点にあります。使うのに適したシーンが異なるので、覚えておきましょう。