アジェンダ とは

(画像:Unsplash

「アジェンダ」とは「計画・予定・議題」という意味で、特にビジネス会議の前に配られる、主催者による計画表のことです。 会議を円滑に、効率よく、実り多いものにするためのアジェンダですが、最近は、あらゆる会議でこのアジェンダが事前配布されるようになり、その重要性もますます高まっています。 ここでは、アジェンダという言葉の正確な意味と、その作成法を確認します。

アジェンダの意味は「計画・予定・議題」

アジェンダは「計画、予定、議題」という意味です。特に、ビジネス会議での日程、場所、参加者、議題等の予定をまとめたもののことをそう呼びます。 アジェンダの目的は、会議のテーマと、その会議の目指すべきゴール地点を参加者が共有し、会議を滞りなく進行させ活発で効率的な意見交換を行い、そして最終的に有意義な結果に導くことです。 なお、「計画、予定、議題」から派生してアジェンダは「アジェンダ21」のように「行動計画」という意味で使用されることもあります。

アジェンダは英語のagendaに由来

アジェンダは英語の「agenda」に由来します。英語でも、もちろん「協議事項」「議事日程」「予定表」という意味で使われる単語です。 ・This is our agenda for today's meeting. (これは本日のミーティングのアジェンダです。) 上記のように使用されます。 語源はラテン語の「agenda」で、「実行に移されるべき(ことがら)」という意味の言葉に由来しています。議事日程、予定表といった意味につながることが理解できます。

アジェンダとレジュメ等の類語との違い

(画像:Unsplash

アジェンダには、「レジュメ」をはじめ、「議案」「テーマ」「議題」「論題」など、多くの類語があります。それぞれの類語との違いをきちんと把握することにより、それぞれの言葉の意味を明確に理解できます。