confirm(コンファーム)の意味①「間違いがないことを確認する」

「confirm」は複数意味がありますが、まずは「間違いがないことを確認する」という意味を紹介します。 「Please confirm your booking details below.」というフレーズが、海外旅行でホテルや航空券をオンラインで取った時に、詳細と一緒に表示されますよね。 予約が確定させる際に「confirm」という言葉が使われるように、「最終確認する」「確定させる」というような、「間違いがないかを用心深く確認する」というニュアンスがあります。

意味①の例文「出張のホテル予約の確認」

出張のホテルの予約は間違いがあってはいけません。「日時、宿泊数、部屋の数」などを確認することが必須です。詳細を確認したい時には、以下のようなフレーズをホテルの担当者に言ってみましょう。

「confirmation」は「confirm」の名詞で「確認」という意味です。詳細を書面で残したい時などには積極的に上記のフレーズを活用してみてください。

意味①の例文「契約の確認」

契約は、ビジネスにおいて最も大切と言っても過言ではありません。間違いは許されませんし、一度結んでしまうと簡単に変更できないのが契約です。そのため、契約に関する場では「confirm」がよく使用されます。

契約など、適当な確認で済ませてしまうと後々大変になってしまうような重要な事柄こそ「confirm」することが大切です。

confirm(コンファーム)の意味②「承認する」

(画像:Unsplash

confirm(コンファーム)には「承認する」という意味もあります。 confirm+目的語で「目的語を承認する」という使い方をすることが多いです。 目的語に来るものの例としては「条約」「決定事項」などが来ることが多いのでビジネスシーンでも用いることが多くなるでしょう。 必然的にかしこまった場面で使用することが多くなるため日常生活では用いることは少ないはずですが、覚えていて損はない意味です。