1分でわかる日韓の輸出規制とGSOMIA破棄

日韓輸出規制の経緯を解説

  • 韓国のホワイト国除外・輸出規制とはなにか
  • 輸出規制により韓国経済に打撃・日本にも報復措置
  • 日韓協議は平行線のまま・軍事協定は破棄されるのか

【関連記事】韓国が直面している経済危機

ホワイト国除外による輸出規制

日本は8月27日に韓国を所謂「ホワイト国」から除外しました。11月にはWTO本部において韓国と3度目となる公式な協議を行いましたが、両国の主張は変わらず歩み寄る気配はみられませんでした。 ここからは日韓のこれまでの動きと、今後の協議の行方についてみていきましょう。

規制対象商品の輸出に個別許可が必須に

輸出規制には「キャッチオール規制」といい軍事転用が可能な物品を規制するものと、更に高スペックな物を輸出する場合の「リスト規制」があります。 これらの輸出規制の許可には「個別許可」と「包括許可」の2種類があり、原則は個別許可で海外への輸出許可を取得する必要があります。 一方、信頼できる国のみ所謂ホワイト国として2つの規制を包括的に許可する措置が取られ、3年間に限ってはその許可申請が不用になります。韓国は規制を順守していない疑いがあるとしてホワイト国から除外されたのです。

半導体材料の横流しを懸念

2019年7月4日、経産省は韓国への「キャッチオール規制」と「リスト規制」に踏み切りました。対象になった化学製品は半導体製造に使われる「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」の3品目です。 公式には「管理上の日韓の信頼が損なわれた。安全保障上の問題である」として3品目の管理に不適切な事案があったことを理由にあげました。 韓国には、これらの物質を含め軍事転用可能な物品の管理に問題があるとされており、第三国への横流しの疑惑が指摘されていました。