1分でわかる玉城デニー

沖縄県知事の玉城デニーは何者

  • タレントから沖縄県知事へ華麗なる転身
  • 選挙公約は辺野古に米軍基地を作らせない
  • 不適切な言動も注目される

玉城デニーの生い立ちと経歴

沖縄育ちの彼は米軍相手のバー入り口から流れてくる洋楽を聴きながら、青春時代を過ごします。 その影響で音楽活動にも没頭し、30歳の時にはタレントとして地元ラジオで番組を任されます。知名度の上がった彼は43歳の時に沖縄市市議会議員となり、そこから政治家の道を歩み始めます。

沖縄県出身のタレント

地元の高校を卒業した彼は人の役に立ちたいと考えて、上智大学の中にあった社会福祉専門学校に入ります。卒業後は沖縄に戻り福祉関係の仕事にも就きますが、平行して音楽活動も続けていました。先輩に勧められたラジオ局で働いたことが彼の人生の転機になります。 ラジオの人気番組でパーソナリティーを担当した彼は総合プロデュースや司会の仕事で手腕を発揮します。彼の語り口(琉球語)が、高齢者に受け入れられて人気者になりました。

生い立ち

玉城デニーは父親の顔を知りません。米軍基地に駐留していた彼の父親は、任期が終わるのを待って米国に帰還しました。その時彼はまだ母親のお腹の中でした。 彼の母も父を追って米国に渡ることを考えていたようですが、結局は沖縄に残り一人で彼を育てます。 シングルマザーの生活は厳しく住み込みの仕事をして生活費を稼ぎました。そのため彼が10歳になるまでは、母親の友人が彼を育てます。彼が「私には、母親が2人いる」と話すのはそのためです。