虚偽申告で新型コロナウイルスを撒き散らす

1分でわかるニュースの要点

  • 新型コロナウイルス感染者の軽率な行動が問題視
  • 感染者の身勝手な行動が感染を拡大させた
  • 権利保護の観点から感染者の行動を止めるのは難しい

感染発覚後に飲食店を訪れた男性

3月4日、愛知県蒲郡市で50代の男性が、市内にある複数の飲食店へ「俺は陽性だ」と言って立ち寄る事件が起こりました。この男性はすでに医療機関に収容されています。 男性は先に感染の確認されていた両親と同居しており、4日の遺伝子検査で男性も感染していることが判明しました。保健所から連絡を受けた男性は、自宅待機要請を無視して、家族に「コロナウイルスをばらまく」などと話して出かけたようです。

副業のバイトを隠すために虚偽の申告をした男性も

3月8日、山梨県にあるセブンイレブンのアルバイト店員が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。アルバイト店員は60代の男性会社員で、本業の会社に副業を知られたくなかったことから、発覚が遅れました。 男性は2月21日、複数の感染者が出ている大阪市内ライブハウスのコンサートに参加し、感染したようです。男性は当初、具合が悪くなって自宅療養していたと説明していましたが、3月1日~5日にセブンイレブンに出勤していたことが後にわかりました。