妻・杏さんが妊娠中からの不貞行為

東出昌大への批判が止まない最大の理由は、妻である杏さんが妊娠中の不貞行為であったことがあげられます。一般的に男性が浮気をするタイミングとして多いのも「妻の妊娠中」です。 男性にとって最も隙が出やすい時期ですが、同時に女性から最も嫌悪されるタイミングであったともいえます。さらに本田翼や真木よう子ら共演した女優には片っ端から声をかけていたことも暴露されました。 つまりファニーフェイスとして名を馳せ、杏さんの良き旦那さんといったイメージとのギャップの大きさが、多くの女性を失望させたことは間違いありません。

唐田えりかの匂わせ投稿

東出昌大のみならず唐田えりかにも批判の声が集まっています。その最大に理由はインスタグラムへの「匂わせ投稿」です。 唐田えりかはインスタグラムに自身が撮影した写真を度々投稿しています。特に東出昌大との映画撮影中は頻繁に「匂わせ投稿」を繰り返しています。 同様の事例で思い出されるのは、先日結婚を発表した嵐の二宮和也の妻です。彼女もフリーアナウンサー時代に同様の投稿を繰り返し、女性からの批判が集中したのは今回のケースに類似しています。

影響は計り知れないか?

東出昌大の不貞行為の代償は想像を遥かに超えるものに発展しそうな気配です。ここ数年、芸能人の不貞行為や反社会的行為は徹底的に叩かれる傾向にあります。 特に東出昌大の場合は妻が女性からの好感度が高い杏さんであることも拍車をかけているのが実態です。当面は事態の終息は望めませんが、現在放送中のCMやドラマにはどういった影響が出るのでしょうか。

CMはすでに削除のものも

東出昌大の不貞行為が発覚したことで広告代理店ではすでに対策を講じています。これまで日用品、アパレル関連、自家用車、信販会社のCMに出演中です。 しかし不貞行為が発覚後いずれも削除されました。当面は差し替えのCMで対応するものの、撮り直しは必至であり数千万円単位の違約金が見込まれます。 広告代理店としても企業からの信用を失った形になってしまいました。広告代理店の信用を裏切った代償は大きく、東出昌大の芸能活動にも影響を及ぼすことは必至です。