別居が報じられた東出昌大

俳優の東出昌大の別居が連日大きく報道され、各方面に波紋を広げています。東出昌大は2015年に女優で渡辺謙の実子である杏さんと結婚しました。 結婚のきっかけは東出昌大と杏さんは2013年にNHKで放送された朝ドラやWOWOWのオリジナルドラマで共演したことです。 2016年には双子の第1子と第2子、2017年には第3子が生まれています。まさに、おしどり夫婦として広く認知され「少し気弱な良き旦那さん」といったイメージが定着していました。

唐田えりかとの不倫報道

東出昌大の別居理由は女優唐田えりかとの不倫報道です。東出昌大は2018年に公開された「寝ても覚めても」での共演をきっかけに約3年にわたって不貞行為に及んでいました。 その後、唐田えりかから距離をおこうとした時期もあるようですが、東出昌大からは絶えず連絡があり、再び不貞行為に陥っていました。 唐田えりかといえば派手さはないものの演技力の高さには定評があります。その証に映画「寝ても覚めても」はカンヌ映画祭に出品されており、まさに今後を嘱望された若手女優です。

批判が止まない理由とは?

東出昌大と唐田えりかに対する批判が止まりません。数年前にベッキーと川谷絵音の不貞行為が発覚したあたりから、世間の風評も一段と厳しくなりました。 東出昌大のケースもそれに匹敵するほど厳しい批判を浴びています。一部の芸能人からは「叩き過ぎでは?」との声も上がっていますが、これほどまでに批判される理由とは一体どこにあるのでしょうか。