アウトソーシングとは

アウトソーシングは外部のリソースの導入を図り、限りある内部の経営資源を有効活用するための経営手法の一つです。 企業のコアとなる重要な部分に経営資源を集中させ、それ以外のどちらかといえば付加価値の低い部分は外部から調達することが効果的です。 アウトソーシングする場合は自社の業務の一部を、その業務ごと特定の専門的な能力を持つフリーランスや受託会社に業務委託します。 コンピュータシステムの開発を自社で実施するためには多くの人員とコストがかかります。メンテナンスは必要ですがシステム開発そのものは常時業務が発生するものではありません。このような業務は外部の専門会社に委託して任せるのが一般的です。 顧客満足度調査(CS)などもマーケティングの専門会社に任せた方が客観的できめ細かな調査・分析が得られることが多く、アウトソーシングされることが多い分野です。営業は企業によってはコア的業務になり得ますが、隅々まで営業部隊を配置するのは多大なリソースが必要であるため、企業が立案した営業戦略のもとに外部人材を活用するケースもあります。

アウトソーシングと派遣社員やアルバイトとの違いは?

アルバイトは内部人材として雇用しますので明らかにアウトソーシングとは異なります。一方で派遣会社から人員を派遣してもらうことは、ある意味人材という外部資源を導入することなのでアウトソーシングの一種とも考えることができますが、通常アウトソーシングは業務の一部を切り出して業務ごと外部に委託するケースをさします。 したがってアウトソーシングと派遣の違いは業務を外部に出すかどうかです。もちろんそれぞれメリットとディメリットがあります。

アウトソーシングを使用する利点

近年アウトソーシングを行う企業が増えてきています。その理由は業務の複雑化とスピードアップです。細かく分化し、しかもスピードが求められるミッションを遂行するためには全てを自社で実施していては困難が伴います。ある程度業務を切り出して餅は餅屋に任せるというアウトソーシングの手法が必要になってきます。 アウトソーシングにはどのような利点・メリットがあるのでしょうか。ここで具体的に整理しておきましょう。