小泉進次郎氏が育児休暇を取得することを決定

小泉進次郎環境大臣が育休取得

  • 小泉進次郎環境大臣が第一子誕生後に2週間の育休取得を発表
  • 官民で働き方改革を進める・男性も育休を取りやすい社会を目指して
  • 自身のイメージアップに利用しているのか・不倫疑惑のもみ消しかとの批判も

小泉進次郎氏の育休

2020年1月15日、小泉進次郎環境大臣が「育休」を取得することが決まりました。第一子誕生後の3ヶ月に計2週間の「育休」を取る予定です。「働き方改革」を進める狙いがあると語っていますがインターネットでは早くも批判的な意見が多数を占めています。

第一子の誕生から3ヶ月間で2週間分の育休取得を発表

環境大臣という要職に就く議員が育休を取得するのは今回が初めてで、それだけに世間の注目が集まっています。 小泉進次郎環境大臣は、今月に出産予定の第一子の誕生から3ヶ月間で計2週間の育休を取ると発表しています。妻の滝川クリステル氏の健康状態は良好で、このまま順調に行けば予定日には出産できそうです。 小泉進次郎環境大臣は環境省の職員が育休を取りやすくするためと述べていますが、インターネットを中心に同環境大臣の育休取得に批判的な意見が多く集まっています。

妻の健康状態を心配、支えたい思い

小泉進次郎環境大臣は、育休取得の理由のひとつとして妻の滝川クリステル氏の健康状態が心配なので支えになりたいと語っています。 この発言についても「たった2週間で支えになるのか?」「金持ちなんだからベビーシッターを雇った方がいい」などの批判が集まっています。 この僅か2週間の育休には、妻を気遣う優しさをアピールするいい機会という思惑があるのでしょうか。