「その他」の英語での表し方は7通り存在する

「その他」の英語

「その他」の英語(画像:Unsplash

日本語では一言で「その他」という表現は、英語では7通りの言い方が存在し、それぞれのニュアンスも異なるので、正しく使い分ける必要があります。 この記事では、そんな多様な表現方法がある「その他」の表現を、ニュアンスの違いも含めて紹介していきます。この記事で正しい意味を全て理解しておきましょう。

other/others

「other」は形容詞、「others」は代名詞です。 ・I have four apples, this one is Nancy's and other apples are Katy's. (4つのりんごがあります、これはナンシーので、他はケイティーのです。) ・I have many apples, this one is Nancy's and others are Katy's. (りんごが沢山あります、これはナンシーので、他はケイティーのです。) 「other」は後ろに名詞の複数形を置いて使い、「others」はこれだけで「(不特定多数の)他のもの全て」です。

the other/the others

「the other」は形容詞、「the others」は代名詞です。 ・I have two apples, this is Nancy's and the other one is Katy's. (2つのりんごがあります、これはナンシーので、もう一つはケイティーのです。) ・I have four apples, this is Nancy's and the others are Katy's. (4つのりんごがあります、これはナンシーので、他の3つはケイティーのです。) 「the other」は後ろに名詞をおいて「他の」、「the others」は「(特定の)他のもの全て」です。

another

「another」は「不特定多数の中の他の一つ」という意味で形容詞と代名詞になります。 ・I have 100 apples, this one is Nancy's and another is Katy's. (100こりんごがあります、これはナンシーので、他の内の一つはケイティーのです。) ・I have two apples, this one is Nancy's and another one is Katy's. (2つのりんごがあります、これはナンシーので、他の内の一つはケイティーのです。) 1文目は代名詞、2文目は形容詞として「another」を使っています。