山本節哉容疑者

六代目山口組系事務所にダンプで突っ込んだのは地元暴力団「松葉会」山本節哉容疑者です。松葉会は東京都足立区を拠点とし七代目伊藤芳将が会長に君臨しています。 松葉会は指定暴力団にも指定されており、群雄割拠の任侠の世界において七代も続いているのは由緒正しい老舗団体である証です。 山本節哉容疑者は59歳と高齢です。本来敵対する組事務所に突っ込むのは若手組員の仕事です。本件に限らず暴力団同士の抗争では比較的高齢の組合員が体を張る事件が増えており、暴力団の人材不足が浮き彫りとなっています。

レンタカーのダンプに砂利を積んで事務所に激突

山本節哉容疑者の犯行はレンタカーのダンプで行われています。荷台に砂利を積載しバック発進で山口組系組事務所に激突したものの死傷者はありませんでした。 事務所の壁は大きく崩れており、万一組員が在室していれば大きな惨事になったことは間違いありません。犯行後山本節哉容疑者は警察署に出頭しその場で逮捕されています。 足立区には山口組三次団体が事務所を構えていましたが、そこに静岡から二次団体が移転することが決まっていました。それを快く思っていなかった山本節也容疑者が単独で犯行に及んだのが真相です。