常習的に犯行が行われていた

和田真一郎はスーパーフリーを高度に組織化しており、大規模イベントで女性を集めて、効率的かつ安全に犯行を行っていました。判明しているだけで以下の3つの事件を起こしています。 ・2001年12月 和田真一郎の自宅兼事務所に女性を招いて輪姦 ・2003年4月 二次会で泥酔させた18歳の女子大生を人気のないクリニックに連れ込み、10人以上で輪姦 ・2003年5月 4月の事件とほぼ同様の流れで20歳の女性を連れ込み、5人で輪姦 和田真一郎らは1年に何度も開催するイベントのほとんどで、こういった犯行を繰り返していました。取り調べではこれ以外にも多数の事件への関与が明らかとなりましたが、未判明の事件は数え切れないほどあるといわれています。

和田真一郎をはじめとする名門大学の学生が逮捕された

スーパーフリーは早稲田大学公認のインカレサークルでした。構成メンバーは代表者の和田真一郎も含めて、早稲田大学の学生が多かったものの、他の有名私大や国立大学の学生も参加していました。 国立で言えば東京大学、早稲田に並ぶ有名私大でも明治大学や法政大学など、多数の名門大学学生が幹部メンバーとして名を連ねていました。 事件では和田真一郎とこれら名門大学の学生、合計14名が逮捕されています。

スーパーフリーとは

スーパーフリーは1982年に設立された、早稲田大学でも歴史のあるイベントサークルでした。スーパーフリーは和田真一郎の加入と前後して勢力を拡大し、数年間で複数の大学をまたぐ全国規模の組織へと変貌していきました。非常に巧妙な手口から、実態としてはサークルではなく犯罪組織に近いです。

インカレのイベントサークル

スーパーフリーは表向き、インカレのイベントサークルとして運営されていました。 インカレとはインターカレッジ(Intercollegiate、大学間)の略で、参加メンバーが複数の大学にまたがっていることを意味します。 イベントサークルは通常のサークルとは異なり、遊びや金儲けのために人員を集めて、イベントを開催することが目的のサークル活動です。インカレで複数の大学にまたがることから、スーパーフリーのイベントには多数の参加者が集まっていました。