1分でわかるスーパーフリー事件

1分でわかるニュースの要点

  • スーパーフリーは大学間にまたがる大規模輪姦サークル
  • 2003年に被害者の訴えで全貌が明るみとなった
  • 関係者14名が逮捕され、最長14年の実刑判決を受た

スーパーフリー事件の概要

2003年に発覚した大規模な輪姦事件です。犯人らは複数の有名大学をまたぐイベントサークルに所属しており、常習的に犯行を繰り返していたことから、被害者の女性は数百名にも上るいわれています。この事件は社会的にも問題視され、2004年の強姦罪改正にも繋がりました。

早稲田大学のサークルでの輪姦事件

事件の首謀者は、早稲田大学にかつて存在したサークル「スーパーフリー」の代表者と側近の男性数名でした。 当時の代表者は和田真一郎で、当時28歳だった彼は音楽関係に顔が利きました。広いコネを駆使してディスコを借り、人を集めて大規模なイベントを開催していました。最盛期には六本木ヴェルファーレで、数千人も動員していたとのことです。 和田真一郎らはそうして集めた女性参加者を二次会に呼び込み、酔わせた上で輪姦におよんでいました。

被害者女性が被害届を出し事件発覚

和田真一郎らの犯行手口は非常に巧妙で、1998年から続いた輪姦は約5年間も表沙汰になることはありませんでした。 スーパーフリー事件が発覚したのは2003年に入ってからです。和田真一郎らはこの年の5月までに少なくとも3件の輪姦におよんでいましたが、この3件目の被害者が警察に被害届を出したために、事件が明るみに出ました。 同年6月19日、被害届を受理して捜査に当たっていた警視庁麻布警察署は、和田真一郎とサークルメンバーの男子大学生4名を逮捕しました。