宮迫博之の闇営業問題

宮迫博之の闇営業問題とは

  • 事務所の了解を得ずイベントに参加
  • 反社会勢力から報酬を受け取っていた
  • 吉本興業の隠蔽体質が浮き彫りになった

2019年6月に発覚した闇営業問題

宮迫博之の闇営業問題は、2019年6月に発売された写真週刊誌に振り込め詐欺グループのイベントに参加していたことが報じられたことで発覚しました。 このイベントにはカラテカの入江慎也の紹介で宮迫博之のほか、ロンドンブーツ1号2号の田村亮など人気タレントが多数参加していたことが明らかになっています。 かねてから入江慎也は闇営業や合コンをセットしてきた経緯があり、参加したタレントには「頼まれれば断れない」といった義理もあったようです。

反社会的勢力とのつながりが問題視された

吉本興業は所属するタレントは6,000人を超えているといわれています。そのため、契約書を交わす習慣がなかったことから闇営業に対しても黙認していた節があります。 しかしながら、宮迫博之が参加したイベントの主催者は振り込め詐欺グループでした。いわゆる反社会的勢力とのつながりが問題視されたのです。 実際、この振り込め詐欺グループは2013年頃から組織的な犯罪を重ねており、その被害額は40憶円を超えるとされています。

【関連記事】芸能人が関わった詐欺事件についてはこちら!

吉本興業とは契約解除

闇営業問題が発覚した当初、宮迫博之は反社会勢力から報酬を受け取っていないと説明していました。しかし、吉本興業がヒアリング調査を行った結果、報酬の受領が認められ事態は急変します。 吉本興業は6月24日と27日に宮迫博之ら11人に加え、別件で反社会的勢力の闇営業に参加したスリムクラブというコンビに対して「活動停止の謹慎」などの処分を下しました。 ところが、7月19日になって突如吉本興業は、宮迫博之とのマネジメント契約を解除すると発表するのです。