年収600万の人の仕事や職業を紹介!

経済

2019年5月22日

年収600万円をもらうことができる仕事や職業にはどんなものがあるのでしょうか。年収600万円は、一般的なサラリーマンなら管理職レベルに相当します。今回ビジキャリでは年収600万円が期待できる代表的な職業をご紹介するので、キャリア形成の指標に役立ててください。

年収600万は平均年収よりも高い水準

年収600万

年収600万円は、平均年収よりも高い水準です。 日本人の平均収入は約420万円です。年収600万円は決して低くない数字であり、一般的な企業に勤めるサラリーマンなら管理職レベルに相当します。詳しくは、続いての見出しで説明します。どのような職業なら年収600万円を得ることができるのかを見てみましょう。

管理職のサラリーマン

年収600万

管理職で働くサラリーマンは、年収600万円を稼ぐことができます。 もちろん会社の規模によっても差はありますが、係長クラス以上ならば、平均として年収600万円を得ることは難しくないでしょう。管理職に就くまでには相応の努力が必要ですし、スキルを磨きキャリアを積むことが求められます。 のんびりと与えられた仕事のみに取り組んでいるのでは、年収をアップさせることは難しいでしょう。年収600万円を狙うのであれば、管理職へ出世することに意欲的な姿勢をとることが必須です。

税理士

年収600万

年収600万円を稼ぐことができる職業に、税理士が挙げられます。税理士のように資格が必要とされる職業は特別視されるため、常に優遇され方々で力を発揮されることを求められます。 年収600万円を稼ぐためには、取得することが難しい資格を保持するのも方法です。自分の得意分野とするフィールドで働くことができれば、年収を増やすことも難しくはありません。 資格の取得は決して無駄にはならないので、年収アップに繋げることもできます。

商社マン

年収600万

商社マンも年収600万円を稼ぐことができる職業のひとつです。 商社に勤務する人は比較的他の企業よりも激務であるために、給料が高い傾向にあり、年収600万円を得ることが可能です。 商社での仕事は厳しいものですから、年収は必然的に高くなります。年収600万円を早い段階で手に入れたいのであれば、新卒から商社に勤務することを希望するのがひとつの近道であると考えてください。

外資系IT企業社員

年収600万

外資系IT企業に勤める社員も、年収600万円を稼ぐことができる例として挙げられます。 外資系IT企業は、入社した段階で既に年収600万円を超えたところからスタートすることができます。 しかし、これはかなり厳しい入社条件をクリアしなければなりません。当然ながら並大抵の努力では入社することはできないので、入社するためには何が必要なのかを細かく調べて対策を講じましょう。

1/2

続きを読む

関連記事