消えた年金記録問題は解決しているのか?

消えた年金記録問題は解決しているのか?

  • 持ち主不明の年金番号が5,000万件以上も
  • 原因はずさんな管理
  • まだ1,800万件以上が未解決

我が国の年金管理は従来、旧社会保険庁により行われていましたが、基礎年金番号制度への統合時に持ち主がわからず統合できない年金記録が5千万件以上も残っていることが判明しました。 これが原因で社会保険庁は解体され、日本年金機構にその業務が引き継がれましたが、現在まだ1,800万件以上が未解決となっています。

2007年に起きた年金記録問題

従来の年金制度では、厚生年金、共済年金、国民年金などがそれぞれ別の番号で管理されていました。 これらの年金制度が基礎年金番号制度のもとに統合されることになったのは1997年からですが、2007年になって持ち主がわからず統合できないまま残されている年金記録がおよそ5,095万件もあるとことが明らかになりました。 この多くは人為的な入力ミスや記入漏れによって持ち主がわからなくなったもので、この事件は「消えた年金記録問題」などと呼ばれています。

未解決の年金記録も未だ存在

持ち主不明問題を解決するため、日本年金機構は年金加入者に「ねんきん特別便」や「ねんきん定期便」を送るとか「ねんきんネット」を導入するなどの方策を進めてきました。 こうした努力の結果、現在持ち主がわからない年金記録約5,095万件のうちおよそ6割に当たる約3,234万件がこれまでに解決しましたが、まだ約1,862万件が未解決となっています(平成31年3月時点)。 これらの残っている未解決の年金記録には、受給条件を満たしていないとか加入者が亡くなっている場合が多いとされています。

なぜ年金記録が消えたのか?

「消えた年金記録問題」が起きた原因については、旧社会保険庁の年金管理がずさんだったためと指摘されています。 消えた年金記録の多くは、基礎年金番号制度に統合する際に入力ミスや入力漏れなど人為的ミスにより起きたものでした。以下で詳細を見てみましょう。