ジミー・カーターはアメリカの第39代大統領

ジミー・カーター氏は海軍出身のアメリカ大統領として有名です。大統領在任中は、国内政策や人権外交が批判されることも少なくありませんでしたが、解任後もアクティブに活動し、後の外交政策にも大きな影響を与えています。 2002年にはノーベル平和賞を受賞するなど、その功績が称えられているジミー・カーター氏について、その経歴や名言、人権外交について解説します。

ジミー・カーターの経歴

ジミー・カーター氏は海軍退役後、ピーナッツ農夫として成功した後、第39代アメリカ大統領にまで上り詰めた男として有名です。 しかし、大統領時代は外交政策の失敗などもあり、わずか1期(1977~1981年)でその座から追われてしまいます。大統領としては不遇でしたが、アメリカン・ドリームを体現した男であるジミー・カーター氏の経歴は非常に興味深いものです。

海軍となる

1924年生まれのジミー・カーター氏は、フードショップオーナー兼農夫家の父と看護師である母の元に生まれ、ジョージア工科大学卒業後は海軍に入隊しています。 海軍では潜水艦勤務に従事したほか、原子力潜水艦の開発プログラマーとしても活躍しています。また、1952年にカナダのチェークリバー研究所で起きた原子力事故の際には、その対応にあたり被爆した経験もあります。 ちなみに、潜水艦勤務に従事したことのある初めてのアメリカ大統領がジミー・カーター氏です。

ジョージア州知事

着実に海軍でのキャリアを積み上げていたカーター氏ですが、1953年、実父の死去を契機に海軍を辞めることになります。 その後、妻とともにピーナッツ栽培を独学で学び、大きな成功を収めます。1961年にジョージア州の上院議員、1971年にはジョージア州知事となり1975年までその任務を遂行します。 ジョージア州知事時代のカーター氏は、人種差別撤廃、行政改革、教育格差の是正といった、大統領になってからの政策にもにも通じる取組みを展開し評価を得ました。