人ごとではないあおり運転問題

あおり運転が社会問題に

  • あおり運転は日常的に行われている
  • 些細なイラ立ちが危険行為に発展する
  • 死者まで出す悪質なあおり運転

あおり運転に対する対処法は?

車で通勤をされている方も多い中、自動車は日常生活において欠かせないアイテムになっています。 しかし、公道とは様々な事情を持った方が車を走らせている場所です。中には悪質ドライバーもいるでしょう。 もし自分があおり運転に遭ってしまった場合、もしくは遭わないためにはどうしたらいいのでしょうか。3つの対処法を詳しく解説していきます。

対処法① ドライブレコーダーの取り付け

まず、今すぐに出来る対策と言うのがドライブレコーダーを取り付けることです。街のカーショップに行けば設置や初期設定までしてくれます。 ドライブレコーダーを付けているだけで、あおり運転を抑制できますし、万が一の場合でも警察に証拠として届けることも可能です。「ドライブレコーダー作動中」のステッカーもあれば、さらに効果が高まります。 値段は画質や録画時間によっても変わりますが、大体1~2万円で購入することができます。

対処法② 道を譲る

後ろから車間距離を詰められたり、パッシングされたりした場合に有効なのが、潔く道を譲ることです。法低速で走っていても煽られてしまった場合には、素直に追い越させましょう。 接近してくる車に対抗して速度を上げてしまうと逆効果になってしまう恐れもあります。安全運転を心がけ、悪質なドライバーには余裕を持った態度で接することが大切です。 また、必要以上に後続車を気にしてしまうと前方の注意が散漫になってしまうケースも考えられます。何よりも落ち着いた運転を行うことで、事故を未然に防ぐことができます。