誤報が相次ぐテレビ局各社

テレビ番組内で説明された映像の撮影日が実際の撮影日と異なっていることがネットで指摘されています。また、インタビューを受けた医師が自身の意図とは全く逆の内容としてインタビューが報道されたことをSNSで告発しています。 他にも円グラフであるにもかかわず合計が100%を超えるデータを示すなど、客観的であるはずのデータにも過ちが指摘されています。 このようにテレビ局各社による報道では誤報が相次いでいます。

信頼性に疑問符が

メディア各社は新型コロナウイルスのような緊急事態においてこそ正確な信頼できる情報を発信することが求められています。 それにもかかわらずテレビ各社による批判のための情報探しや結論ありきの編集によってフェイクニュースが生まれています。 その結果として、googleで言葉が検索された回数を表示するサービス「googleトレンド」によると「マスゴミ」と検索される回数が直近3カ月ではその前3カ月に比べ、約1.8倍になるなど、マスメディアへの信頼性が大きく揺らいでいます。

ネット上での指摘で謝罪に追い込まれたテレビ局

5月20日に放映されたワイドナショー「バイキング」と「グッドモーニング」の2つの番組で紹介された動画が番組内での説明と実際に撮影された日付が異なることがSNSなどで指摘され、両番組が謝罪に追い込まれています。