1株3500円でTOBで38億4200万円が必要と試算

コクヨの発表によると1株3,500円で取得し、既存株主の約1,097,752株を取得する見込みとのことです。買収額はおよそ38億4200万円が必要だろうと試算されています。 コクヨは2019年5月に、マーキュリアインベストメントが管理・運営するPI投資事業有限責任組合を約101億円でコクヨの子会社にすると発表しました。 これにより、コクヨはPI投資事業有限責任組合が持つぺんてるの発行済み株式37.8%を取得したことになります。コクヨは議決権比率を50%超に引き上げる方針ですが、ぺんてるからは一方的な行為だと激しく非難されています。

株主との交渉でぺんてるの承認は不要

コクヨの発表によると個別に既存株主から申し込みを受け付け、議決権比率を50%超にした上でぺんてるの承認議決を得るとしています。 ぺんてるは非上場企業のため本来は既存株主が株式譲渡をする場合は、ぺんてるの取締会による承認決議が必要になります。 しかし、コクヨは既に個別の株主に譲渡の申込書を送付し、申込者には先着で株式売買契約を締結してもらい、買取成立後は支払いも速やかに行うとしています。ただ、ぺんてるからは未だに株主情報は開示されていません。

【関連記事】ユニゾHDのTOBの行方は

5月に筆頭株主になったコクヨ

2019年5月、コクヨはマーキュリアインベストメントが運営していたPI投資事業有限責任組合を約101億円で自社の子会社として、事実上マーキュリアインベストメントが所有していた、ぺんてるの株式全てを取得しました。 2019年8月2日、コクヨは取締役会においてぺんてるとの間の業務提携契約の協議を進めやすくするためとして、表面上PI投資事業有限責任組合が保有しているぺんてるの株式を、コクヨが直接保有すると決定しました。