1分でわかる桜木町事故

桜木町事故

  • 1951年京浜線桜木町駅で起きた列車火災
  • 乗客106名が焼死、92名が重軽症
  • 事故後国鉄は対応におわれた

「桜木町事故」は1951年4月24日京浜線桜木町駅構内で起こった列車火災事故です。 火災が起こった車両からの逃げ場を失ったことにより多くの死傷者が発生しました。事故は国鉄に大きなショックを与え、政治問題にもなりました。

桜木町事故の概要

「桜木町事故」は旧国鉄時代の列車火災事故です。出火原因は吊架工事の作業員がスパナを落としてしまったことです。 垂れた架線に通勤列車が接触し、短絡(ショート)したことから火災が発生しました。逃げ場を失った乗客106名が焼死し、92名が重軽傷となってしまいました。まず事故の概要から見ていきましょう。

1951年京浜線の桜木町駅で起きた列車火災

「桜木町事故」は1951年京浜線の桜木町駅構内で発生しました。電気工事中の作業員のミスで架線が垂れ下がってしまいました。 これに通りかかった列車のパンタグラフが絡まって電流の短絡(ショート)が発生し、激しい火花で列車の可燃性塗料に着火しました。 当時の車両は木造だったため火は一気に燃え広がり、先頭車両と2両目の車両火災によって多くの死傷者が出てしまいました。

死者106名負傷者は92名の被害を出した

「桜木町事故」では先頭車両が全焼し2両目の車両も半焼したため、死者106名、負傷者92名という大きな被害者を出しました。 当時の車両には乗客の脱出に必要な措置がとられていなかったことから、乗客は脱出することができず車両の中で焼死するしかなかったのです。 事故は高架線路で発生したため集まった群衆にも為す術がなく、逃げ場を失った乗客達が炎の中で焼かれるのを見守るしかないという地獄絵図が展開されたのです。