1分でわかるディアトロフ峠事件

ディアトロフ峠事件とは

  • 1959年2月2日にソ連領ウラル山脈北部で男女9名が不可解な死を遂げる
  • 雪山登山だったにも関わらず、一行は-30℃の中を裸足でテント外に飛び出していた
  • 生存者がいないため迷宮入りしていたが、2019年にロシア検察が再調査を始めた

「ディアトロフ峠事件」は世界の未解決事件の中でも、不可解なものの一つです。事件発生から60年が過ぎた現在でも、人里離れた雪山の中で何が起こっていたのかという謎に惹きつけられる人が数多くいます。 そこで今回はロシア史上最大の謎といわれる「ディアトロフ峠事件」について、解説します。

ディアトロフ峠事件の概要

「ディアトロフ峠事件」が発覚したのは1959年2月20日、下山予定日を過ぎても連絡がないことを心配したメンバーの親族による要請がきっかけでした。残念ながら9名のメンバーは死亡しています。最後の遺体が発見されたのは同年5月のことです。 ここでは「ディアトロフ峠事件」の概要について、詳述します。

雪山登山中のロシア人大学生達が音信不通になり捜査が行われる

1959年1月25日、ウラル科学技術学校の学生を中心とする男性8名・女性2名の一行はスヴェルドロフスク州北部の中心地イヴデリに到着しました。目的はウラル山脈北部のオトルテン山をスキーでトレッキングすることです。女性のうち1名は持病の悪化により、山に向かいませんでした。 当初の計画では遅くても同年2月20日にはオトルテン山を下山し、リーダーのイーゴリ・アレクセーエヴィチ・ディアトロフが彼が在籍するスポーツクラブに電報を送るはずでした。しかし同月20日になっても電報が届かなかったことで親族が騒ぎ、救助要請が出されました。

雪山登山中だったロシア人大学生9名が不審死して発見された

1959年2月20日にはウラル科学技術学校の教師や学生が、ボランティアとして救助に向かいました。さらに警察と軍による救助活動も始まり、航空機やヘリコプターを使った大掛かりな捜索を行ったのです。 そして同月26日に森のはずれで、2名の遺体を発見します。続いて3名の遺体が見つかりました。残り4名の遺体が発見されたのは同年5月のことです。