牛角の食べ放題サブスクの廃止の理由は購入客、来店客の殺到

牛角のサブスクのサービス内容は月額11,000円支払えば3,480円か2,980円のコースが1日1回食べ放題になります。1か月に3回利用するだけで元が取れるかなりお得なサービスといえます。 2019年11月から一部店舗にてサービスを開始しましたが、テレビやネットでも紹介され話題が集まり顧客が殺到、連日予約で超満員の状態でした。 通常の営業に支障が出てしまうほどの盛況により、牛角は開始から2か月後の2020年1月7日にはサービスを終了すると発表しました。

串カツ田中などもサブスクを導入

首都圏を中心として全国に265店舗を展開する串カツ田中は2019年7月から一部を除くほぼ全店で月額500円で400円以下のドリンクが何度でも199円で飲める割引定期券「田中で飲みPASS 」をスタートしました。 このサービスは大きな反響を生み開始からわずか2か月半で10万枚以上の定期券が発行されています。 これが来店頻度の向上につながりドリンクのオーダーが増え合わせてフードのオーダーが増えるという相乗効果を生んでいます。

なぜ飲食店でサブスクなのか?

サブスクとはもともと雑誌の定期購読を意味していた言葉です。これが昨今ではインターネットでの動画や音楽配信サービスなどで広がり、さらには多種多様な業態に登場するようになりました。なぜ飲食店でサブスクが注目されているのでしょうか。詳しく解説していきます。