まとめ

(画像:Unsplash

今回は「モラルハザード」について解説しました。具体的に様々なシーンをイメージすると少し怖い面がありますね。我々の知らないところで倫理を置き去りにした利益追求による「モラルハザード」が供給者側の論理で起こっている可能性があります。 「モラルハザード」は誰でも起こす可能性があり、また誰でもその被害者になる可能性があります。気を付けましょう。