36(サブロク)協定とは

36(サブロク)協定とは労基法第36条によって締結する協定の呼称です。同法律において勤務させることができる労働時間は縛られています。そのまま解釈すれば残業させることは違法です。 職種によって業務には波動性がありやむを得ません。職場の従業員の過半数を占める労働組合もしくは社員の代表と協定を締結することで法律違反を回避できます。

2019年4月からの働き方改革改正で何が変わったのか

2019年に4月に労働に関する法律の改正がなされました。背景には政府主導で進めている働き方改革があります。とりわけ職場で働く人々の労働時間については大きな変革がありました。その革新的な内容とは如何なものでしょうか。

時間外労働時間は原則月45時間・年360時間の上限

これまでも時間外労働時間の上限は原則月45時間、年360時間と定められていました。ただし法律による拘束力はなく厚生労働書の示した目安だったといえます。 法律改正によって拘束力が発生しました。これまでの実情からすると大きな変革です。36協定は上限の範囲で締結され、上限を超えれば協定違反となるだけでなく法律違反となる可能性が高まります。