アメリカ携帯通信会社の3位と4位の合併

ソフトバンクグループの傘下にあるスプリントは米携帯通信会社の4位に位置しており、TモバイルUSは業界3位と米キャリアの「ビック4」に入る携帯通信会社です。 そのため、18の州や特別区の司法長官らは合併によって料金の値上がりが起きると主張しました。一方、携帯通信会社両社は合併によって競争は激しくなり、料金の引き下げに繋がると訴えてきました。 両社は既に2018年4月に合併を発表しており、米司法省(DOJ)と米連邦通信委員会(FCC)の承認を受けていました。

ニューヨーク州が差し止め裁判を起こすも上訴を断念

ニューヨーク州は両社の合併に反対する差し止め裁判を起こしていましたが、今月16日に上訴を断念するとの声明を出し、昨年6月から続いていた裁判は終結しました。 ニューヨーク州を含む14の州と特別区は、両者の合併はカルテル(独占目的の企業連合)に結びつくとし、消費者の利益にならないと合併に反対してきました。 しかし、スプリントとTモバイルUS側は、合併によって巨額投資が必要となる5Gネットワーク建設が容易になり、将来的に上位2社との競争が可能になることで消費者の利益に繋がると一貫して訴えてきました。

VerizonとAT&Tへの対抗を目指す

米携帯通信会社上位2社(Verizon=1位、AT&T=2位)に水を開けられていた両社は、合併によって上位2社との競争が可能になり、将来的に消費者の利益になると主張しています。 米連邦地裁のビクター マレロ判事も、合併によるシナジーによって上位2社と競争できる企業が生まれることは、消費者に多くの利益を生むだろうとして計画を進めることを認める判決を下しました。