コンテンツSEOとは?SEO対策と一緒に解説

コンテンツSEOとは?SEO対策と一緒に解説

 

本記事ではコンテンツSEOを中心にSEO対策をする重要性を解説していきます。

 

今後間違いなく盛り上がっていくので是非覚えておきましょう。

 

あなたのサイトがアクセスされやすいサイトへ

 

コンテンツSEOとは、SEO対策の1つであり、質の良いコンテンツを定期的に投稿していき検索順位を上げていくものです。

今回の記事ではコンテンツSEOを作る上でのSEO対策を解説します。

SEO対策はサイトへのアクセスを増やすために行われます。

そのためにはサイトへのクリック率である、Click Through Rateと呼ばれるCTRを上げる必要があります。

これはインターネット上で表示された数である、インプレッション数の内の何割がクリックされたのかという割合を示したものになっています。

自分のサイトがその分野でどの程度のCTR率なのかを把握しておくことで、その分野での自分のサイトの位置づけを理解することが出来ます。

 

コンテンツSEOのメリット

 

ここで改めてSEO対策のメリットについてまとめていきます。

大きなメリットは以下のようになっています。

 

SEO対策のメリット

・ブランドの認知度を高めることが出来る

・費用対効果が非常に高い

・拡張性が高い

・サイト自体が資産になる

 

それぞれについて説明していきます。

 

ブランディング価値を高めることが出来る

 

ブランディングとはサービスをユーザー側に価値があることを認識させ、信頼を高める事です。

 

元々ブランドとして認知されている場合は問題がないのですが、完全に位置から初めてサイトを育てるのは大変です。

 

そこで検索の上位にヒットさせ、まず人の目に触れてもらうという事から始めていきます。

また、サイトの検索を行った際に上位に表示されている、サイトに対しては80%近いユーザーが良い印象を受けたというデータもあります。

 

つまり、Googleで検索した際に上位に表示させ続ける事が出来れば十分にブランディング効果を高める事にも繋がっていきます。

 

当然多くの人の目にも触れる事になるのでインターネットだけではなく実際の口コミなどでサイトが広まっていくことも期待出来ます。

 

これがブランディング効果を高める事のコンテンツSEOでのメリットです。

この点でデメリットはほぼ無いと言っても良いでしょう。

 

費用対効果が非常に高い

 

サイト内で優良なコンテンツを作り続けることが出来れば、コンテンツSEOは可能です。

自分自身がサイトの運営者になり、知識を身に付けることが出来れば、必要な予算をかなり抑えることが出来ます。

 

基本的なSEO対策である、Googleアナリティクスや、サーチコンソールなどは無料で導入することが出来るので、極端な話サイト運営が出来る端末があれば無料で運営することも可能です。

 

手軽に初めて自分自身で試行錯誤しながらサイト運営を行っている人も少なくありません。

 

拡張性が高い

 

ユーザーが興味の持つことの出来る記事は、SNSやブログで拡散されることもあります。

これによりインターネットで検索する以外の方法で記事を見てもらうこともあるでしょう。

 

これは影響力の高い場所で拡散される程、今まで得ることの出来なかった層に対してインプレッションしてもらえる事になります。

そのため拡散されやすい物をテーマにしたコンテンツを作るのも1つの手になっています。

また、拡散されることで被リンクが増えるので、これもSEO対策になります。

サイト自体が資産になる

 

これはコンテンツSEOに限った話ではないのですが、今まで行われた様々な施策がそのまま蓄積されることになります。

そのため一度作成したコンテンツが無駄にならないのでコストパフォーマンスが非常に良いです。

 

Googleに評価が反映されることも含めて時間の掛かる作業にはなってしまいますが、長く続けていけば行くほどサイトに蓄積され、それが資産になっていきます。

未来への投資だと思って是非全力で取り組んでください。

 

自分のサイトのターゲット層を理解する

 

自分のサイトのアクセス数を増やすためには自社サービスのターゲットを明確にして、そのターゲットに対してアプローチを行う事が非常に重要になっています。

 

ターゲット層は大きく分けて3つ存在します。

 

SEO対策におけるターゲット層の分け方

①潜在客

②見込客

③既存客

 

新規顧客獲得のためには①潜在客、②見込客をいかにして、③の既存客にするのかということを考えていきます。

また、それぞれの客層が求めているコンテンツはそれぞれ違ってくるので、それに合わせたコンテンツを作成しましょう。

 

今回は飲料タイプのダイエット食品を例にして考えていきます。

 

①潜在客

【顧客の考え方】

最近太ってきて気になるので太りにくい体質を作るための栄養が入っていて簡単にそれらの栄養が摂れる食品を探している。

 

【検索するキーワード】

「太らない 栄養摂取」「簡単 太らない」など

 

【作るコンテンツ】

「日常で手軽に出来る!太らない体を作るための栄養ドリンク!」

「体が太りにくくなる!驚愕の新発売の飲み物をご紹介!」

といったように必要なキーワードをテーマにしたコンテンツを制作していく。

 

②見込客

【顧客の考え方】

実際に製品の購入を考えているのが他にも似た製品があるのでそれぞれの実際の感想を見て、一番気になったものを探している。

 

【検索するキーワード】

「太らない飲み物 比較」、「太りにくい栄養摂取 効果」など

 

【作るコンテンツ】

「太りにくい栄養が取れるドリンク10種を実際に飲んで比較してみた!」

「話題の太りにくい栄養ドリンクってどうなの?実際に一ヵ月間飲み続けた結果とは…」

このように他の類似製品との比較や、実際に使った効果がどのようなものなのかを知るためのコンテンツを制作する。

 

③既存客

今後もこの製品を利用したいと思うようなコンテンツを提供する。

クオリティを上げ続ける事が大切。

 

今回挙げた例を自分のサイトに置き換えて考えてみましょう。

特に①と②はサイトを運営していく上で絶対に意識するべき点なので改めて自分のサイトを見直してみましょう。

③の既存客に対しては良い所を残したままより良いサイトやコンテンツにしていくことで今後も利用してもらえるでしょう。

 

現在のSEO対策は「コンテンツマーケティング」においてかなり有効だとされています。

情報化社会が進んだことでユーザー側が情報を選べるようになったからこそSEO対策をしてよ人の目に触れるように意識してSEO対策を行いましょう。

 

Googleの目指すインターネットとは

検索上位に入るためにはやはりGoogleの理念を理解しておくことも重要です。

ここで一度見ておきましょう

 

以下囲み

Googleが掲げる10の事実

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。

 

引用元

:https://about.google/philosophy/?hl=ja:

 

この「10の事実」はGoogleがアップデートを行ってもこの事実に基づいたようにして行われています。

なのでSEO対策を行う上でも裏技のような事を行い上位表示させようとしてもアップデートで出来なくなってしまったりしているので是非正規の手段でSEO対策を行いましょう。

 

Googleのこの姿勢を理解した上でサイトを作る事でより良いサイトになると思います。

 

まとめ

 

今回はコンテンツSEOを交えてSEO対策について解説しました。

今回の記事をまとめると以下のようになります。

 

コンテンツSEOを交えてSEO対策 まとめ

・コンテンツSEOは費用対効果が高い

・サイト自体が資産になる

・ターゲット層を決めて、それにあったコンテンツを作る

・これらを行うことで検索結果上位になり、サイトが見られやすい

 

以上が今回のまとめになります。

是非しっかりとターゲット層を理解したコンテンツを作っていきましょう。